スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月12日

出石で蕎麦



私には蕎麦を食うという習慣がない。
あえて蕎麦を食おうという意欲もない。
麺を食いたきゃあラーメンを食えばいい。あっさりしたものが食いたければうどんでいい、うどんで。
どうも蕎麦といえばタンスのにおいのするオバハンや、修学旅行で隔離されて特別料理を食っていた蕎麦アレルギーのT君を思い出したりして、あまり良い印象がない。
しかし出石の蕎麦は美味かった。私の「醤油&味の素かけ日清カップヌードル」に匹敵するほどの完成度の高さであった。
無数に蕎麦屋があったが、どこも美味いのだろう。
蕎麦に関して何も知らないので、それ以外に何の感想もないところが淋しいものである。

出石という町は田舎道の果てに突如現れた、これまた完成度の高い観光地であった。
観光地も多種多様であるが、ここはひとつの特色を中心に、てぐすねひいて造りこんだ「寄ってらっしゃい、見てらっしゃい型」の観光地である。
それ自体がいかんとは言わんが、昔風に造られた新しい土産物屋が立ち並ぶその様は異様に思える。まるで町全体が高速のサービスエリアや道の駅のようで落ち着きがない。なぜ田舎道の果てに「近代的な昔」が必要なのか。私には理解できん。
しかし中心部を少し外れると歴史を感じさせる古い酒蔵や、なんでもない小さな社寺があり、急に良い感じになったりする。
このアンバランスさに私は「現代日本」を見た気がした。
細く長く、そして丹念に煉られた・・・町とは過ぎた時間の名残りを感じさせる場所である。
夕方、山や田畑を見ながらのんびりとドライブしながら帰った。妙に心が安らぎ、あくびを連発してしまったのは、ただの疲れか、それとも時間の渦の中に何かを置いてきたからか。
時計の針を戻して10年前に戻ってみたいと思った。蕎麦の味は今も昔もそう変わらんだろう。

八朔

スポンサーサイト












管理者宛の投稿

カップヌードルカップヌードルは、日清食品が1971年9月18日から発売しているカップ麺の名称。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。