スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年01月30日

On The Move

遂にスパートを掛けたのだろうか。
その長い音楽人生の終焉に向けて小山卓治が伝説を切り売り始める。
かねてから私は公式ページでCD-Rを注文する度に、
「こんなクソ音源はいらない。80年代のLIVEを完全収録で出せ!」とコメントを残してきた。
そしてようやくその要望が通ったのである。
「On The Move 完全盤」は一瞬にして終わった全盛期のLIVE完全収録である。
4thアルバム「THE FOOL」発売後の87年ということは、デビューして4年、しかし実のところ音楽的に下り始めているという全盛期15%OFFのLIVEである。
幾多のアーティストが武道館、代々木へとステップアップしていく中、渋谷公会堂で止まってしまった小山卓治。
どうせ渋谷公会堂の舞台に立つのなら紅白歌のベストテンに出てくれたほうが良かった。
この後、ライヴハウスに逆戻り、バンドは解散、単身で全国行脚、痩せ細り倒れる。果てはPAなし、ホームページでカセット音源をCD-Rにて販売、アマチュア連中にトリビュートアルバムを作ってもらい生計を立てる。
冷静に考えれば25年というキャリアは奇跡に等しい。
だが年金まであとわずかであるにもかかわらず、こうして蓄えを出さずにいられないあたり、切羽詰まってきたのであろう。
「On The Move 完全盤」では久しぶりに死に物狂いの小山卓治に出会えそうだ。
まだ価格が公表されていないのが実に恐い。

八朔

スポンサーサイト
2008年01月27日

平安ステークス

大阪国際女子マラソンは楽しみである。
何かに取り憑かれたように2時間、テレビ画面に釘付けられるのもマラソン中継と「水曜どうでしょう」のDVDを観ているときぐらいである。
年を重ねるにつれ集中力と忍耐力がなくなってきた。
じっとしているのが辛い。
特に電車やバスに乗っているときが大変である。10分もすると頭の中がキリキリと軋み、耳の穴から溶岩でもあふれるのではないかというぐらい苦しくなる。
映画も無理だ。
コンサートも駄目だろう。
日々の生活において、土日に2~3分の集中力しか使用しないのが原因と思われる。
その集中力もたいして役立っていないところが悲しい。

 平安ステークス
◎クワイエットデイ
○フェラーリピサ
▲ドンクール
△ロングプライド
×メイショウトウコン

 AJCC
◎トウカイトリック
○ダブルティンパニー
▲エアシェイディ
△ドリームパスポート
×ブラックアルタイル
★チェストウイング

1時間毎にカーテンを開けて窓の外の景色が白く移り変わってゆく様を見ている。
1週間近くそんなことを続けているのではなかろうか。
もう飽きたのだ。雪は1、2度なら風情だが、毎日降られると迷惑この上ない。
雪国の人が聞いたら怒るかも知れんが、私は絶える為に生まれてきたのではない。
春よ、早く来い。

八朔

2008年01月20日

日経新春杯

とうとう寒さが痛みに変わってきた。
バイクに乗ると冷たい風に顔が傷み、家で寝転がっていると関節が痛い。
こんな寒い日には鍋と思い、極上の素材を求めて今日は歩きまくりました。
点検のためディーラーに車を預けたあといったん自宅へ、そしてマツヤ、西友、ラクトと。
競馬でいうならダク1時間。
寒さで身体が強張っている。準備運動が大切である。

 日経新春杯
◎メトロシュタイン
○アドマイヤモナーク
▲アドマイヤジュピタ
△ダークメッセージ
×マキハタサイボーグ

最近はテンポイントの名が語られることも少なくなってきた。
あの日、競馬ファンの目の前を走ることなく去った流星が忘れられることはないが、もう一頭このレースで忘れられない馬がいる。
4角15番手。直線で14頭をゴボウ抜きして2馬身差圧勝。
しかし、その勝利と引き換えに鬼脚を天に捧げた馬、エリモダンディーである。
420~430キロの小さな馬だったが走り出すと怪物のように迫力があった。
あの馬は好きだった。
日経新春杯だけは正座して厳粛に見たいものである。

八朔

2008年01月18日

外は白い雪の夜

オッチャンの手術が終わった。
待合室の窓から見える景色が徐々に薄れ、やがて闇に包まれた。それでも雪はずっと降りつづけた。
待ちくたびれて会話が途絶えると、誰かが無理に口を開こうとする。
空気が重い。
6時間で手術は終わった。
胃を全摘出した。現時点で転移は見られず、とりあえず無事終了といって良いようだ。
しかし癌というのは術後が大事だ。
オッチャンは再発の危険と隣りあわせで生きていかねばならない。
手術前、オッチャンはいつものようにペラペラと喋り続けていた。周囲が呆れるぐらい軽くとらえていたらしい。そしてパチンコ屋へでも行くように手術室に入っていった。
きっとオッチャンは危険に恐れるより、危険と手を取り合って生きていこうと決めたのだろう。
学歴を偽って就職したぐらいだ。心臓には毛が生えている。
ビールとギャルが大好きだ。恐いものなんか何もない。
とにかくオッチャンの手術が終わった。
雪はまだ降りつづいている。

八朔

2008年01月15日

雪か?

空から白いモノがちらり・・・。
そういえば京都ではこの冬、雪を見ていなかった。
粉雪舞う中、いつものように韓国人のオッチャンと立ち話。
「最近は水たまりも凍らないねぇ」
「つららも見ないねぇ」
会話の中に「つらら」という単語が含まれたのはいつ以来であろうか。
雪が馬鹿みたいに積もったり、極端に気温が下がるのは困るが、一度や二度ぐらい冬を感じるのもいいんじゃないだろうか。

本日のBGM 松山千春 - ふるさと

八朔

2008年01月13日

ガーネットS

明日は成人式である。
今年も馬鹿な子供たちが式典で暴れたりするのだろうか。
だいいち二十歳で大人といえる人間など皆無に等しい。
二十歳で成人するとは大いなる勘違いであり、三十でも四十でも子供のままの人間は多い。
年齢で成人を祝うなら精神年齢にすべきである。

 ガーネットS
◎トウショウギア
○プリサイスマシーン
▲メイショウシャフト
△ベルモントサンダー
×ニシノコンサフォス

出走表を見て誰しもが思うこと、「老人ホームの運動会かよ!」である。
8歳、9歳、12歳ときたら肉体はおろか、精神まで衰えつつあるように思える。しかも高齢馬が重いハンデを課せられていたりして。
正に老体にムチである。
ここは若い者に一泡ふかせる意味も込めて爺さんたちに期待したい。
しかし12歳には手が出んぜ。
引退させてやれよ。

八朔

2008年01月10日

狸谷山不動院



またしてもここを訪れるとは・・・。
宮本武蔵、吉岡一門決闘の地、一乗寺下り松を過ぎれば道は無情にも傾きはじめる。
山に入ると陽射しが途絶える。風が肌を冷たく撫でるのだが私は汗をかいている。
本殿まではずっと階段である。かつて武蔵が修行したと伝えられる滝を見れば、もう目的地は近い。
武蔵よ、お主はここで何を思ったのであろう。
ワシは脂肪が燃焼されることを願うばかりである。
あれは何年前のことだろう。オヤジのときも、オカンのときも記したはずではあるが、もうこれが最後と信じて今一度。
ここは厄除けや交通安全と並び、癌封じの祈願で知られるところである。
祈りある者、必ず救われるの教えのもと、全国から祈祷に訪れた人々の護摩木が本殿の柱に吊るされている。
そこにまたひとつ、私も願をかけることとなった。
今回、私が訪れたのは親戚のオッチャンのためである。十人だか十一人だの兄弟も末二人を残して皆他界したのだが、その病名がすべて癌という怖ろしき血縁。
ウチの家系に繋がる癌の遺伝を紐解くには判りやすい親戚であるが、その中の一人が近々胃癌の手術ということ。
そこで私が満を持して三度目の入山を果たしたわけである。
本殿から見下ろした京都の街はうっすらと靄がかかっている。靄の向こう側はさきほどまで私が歩いていた道なのだが、そこは果てしなく遠く見えた。
靄が晴れれば街も近く見えるのだろうか。
少し待つとするか。
武蔵よ、お主はここからどのような空を見たのであろうか。
やはり空は晴れたものにかぎるのう。

八朔


2008年01月08日

幽体離脱



重い腰を上げて仕事を始める。仕方なく仕事を始める。何かと問題があるので仕事を始める。
2008年最初の出張は姫路へ。
この街はいつ来ても姫路城の美しさに圧倒される。年中、夜空に浮かぶ天守閣は芸術的ですらある。
帰り道は深い霧の中。国道372号は白い闇に包まれていた。
京都に戻っても空はうっすらと煙っていた。

家に帰ってうたたね。
遅ればせながら初夢を見る。
背中を丸めて眠る自分の姿を天井から見ている。その寝姿の可愛らしさに目を覚ますことを忘れそうになった。
太くない。標準。
夢ではあったが初めての幽体離脱体験ということにしておこう。

八朔

2008年01月05日

京都金杯

ボーっとしている間に5日になってしまいました。
よく寝たなぁと目覚めたものの時計を見たら2時間しか経っていない。そんな感じでほとんど寝ずに正月を過ごしてしまいました。
かたわらには空き缶の山。
にんにくとスルメの匂いが充満した部屋で、ぼんやり大スポを広げて日常を思い出す1月5日。
あけましておめでとうございます。

 京都金杯
◎エイシンドーバー
○カネトシツヨシオー
▲アドマイヤオーラ
△キンシャサノキセキ
×エイシンデピュティ
★オースミダイドウ

穴を狙えば堅く収まり、本命を買えば荒れる。そんなこたぁわかっていた。しかし、こちとら、普通じゃやってられんのよ、普通じゃ。
何を思ったのか売り上げ5%上乗せのJRAプレミアム。
私のためか、それとも罠か。
リズムを戻すにはそろそろの時期かと考える今日5日。
だがあたりまえのことを普通にこなすことが何よりも難しい。

八朔

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。