スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月25日

ジャパンカップ

TVニュースを観ると鬱になる。
ここまで世の中歪んでしまったのかと感心するほどに暗いニュースばかりである。
そんなことで死ぬなよ、と思う。
しかし彼らにとっては「そんなこと」が耐え難い苦痛であるのだろう。苦痛のない人生なんて意味もなく価値もないと思うが、死ぬことには意味や価値があるのだろうか。
ロジャー・ウォーターズが「翼を広げても飛んでいく場所がない」なんて歌ったのはいつのことだったか・・・。
人間は目的を持ち羽ばたいて初めて生きるというのだろう。
秋、予想外の話題でTVニュースに映ったサラブレッド。薬物違反による失格、51億円のシンジケートで4歳にして引退。馬主の思惑、厩舎側の執念。現実と幻想の間で揺れる儚い夢の翼。
この衝撃は一体どこへ飛んでいくのだろう。

 ジャパンカップ
◎メイショウサムソン
○ディープインパクト
▲スフィフトカレント
△コスモバルク
×ドリームパスポート
★フリードニア

できることならあと100回ほどダービーを観て、100頭のダービー馬に出会いたい。そしてダービーの思い出について語り、ダービー馬の偉大さを世に知らしめたい。
ダービー馬はダービー馬以外に負けてはならない。
ダービー馬を負かすのはダービー馬以外いない。
まったく関係ない話ではあるが、唐突な疑問をひとつ。
ナリタブライアンはなぜ高松宮記念に出走したのだろう。今考えてみるととんでもない話。ダービー馬を思惑で走らせてはならない。
あれは夢とはいえない。

八朔

スポンサーサイト

今季は松坂を筆頭にメジャー流出が目立つ年である。
もう国内だ海外だという時代でないのは承知の上だが、50億、60億という数字は我々の意識から海の向こうをさらに遠ざける。
こちとら紙に書いた買い目の横にせっせとオッズを書き込む始末。その数字を眺めている時間こそが夢のひとときだが、あといくつゼロを加えれば松坂級の夢が見られるのか・・・。

 マイルCS
◎ダンスインザムード
○ダイワメジャー
▲アグネスラズベリ
△シンボリグラン
×マルカシェンク
★テレグノシス
夢ステキシンスケクン

6戦全敗。
これはダンスインザムードの対ダイワメジャーにおける戦績である。一度として先着したことがない。
今回で7度目の対戦。片やこの秋、絶好調。連勝、G1制覇ときて欠点らしい欠点がない。
そんな完全無欠状態のときにこそコロリと負けるのが競馬。数々のデータが網羅される馬柱ではあるが、決して表されないのが「奇跡」の二文字。
しかし、この世界で何度「奇跡」を目の当たりにしてきたことか。7度目にしてダンスが勝つ。

P.S. 「デットーリ」と書いて「常識」と読む場合もあったりして。

八朔



海の見える街から車を飛ばして2時間半。
「帰ってきたぞ」と、つい独り言を呟いてしまう。
まずPCの電源を入れ、メールのチェックをする。毎日100~200通のメールが受信箱の中から私に圧力をかける。ある者は苛立ち、またある者は冷たく笑いながら。
その中の1通に赤ん坊の写真があった。
アルプスの麓で鉄を打っている友人からのメールであった。
産まれたとの報告である。
私はじっと写真を見つめた。とりあえずトイレに行き、戻ってきてまた写真を見つめた。ちょっと落ち着こうと、とりあえずビールを飲み、また写真を見つめた。
見れば見るほど赤ん坊の顔が友人に見えた。
それも出会った頃の、23年前の彼の顔に見えた。
思わず笑ってしまったので、彼に「おめでとう」とメールを送った。


始まりの鐘が鳴り 君と海に出かけた
大きな橋を渡り 君と海に出かけた


友人のメールにも書いたのだが、時の流れの偉大さというのはこいうときに感じる。
未だに我々の会話は20数年間まったく進歩しておらず、行き着くところは小山卓治とオグリキャップである。
私は中学生のときの彼に話しているし、彼もまた同じであろう。
ただ、いつしか学生服がスーツに変り、体脂肪が増え、周りに家族を持つようになる。
それはごく自然のことで、その中に23年前の自分たちの存在を確認できるのは素晴らしいことである。
やはりビールを飲み、もう一度、赤ん坊の写真を見てみた。
今日は奥さんの顔が浮かんで見えた。
少し安堵した。ベイビーは女の子である。


生まれたばかりの始まりは行く
あなたの願い事と同じだと思う


この場を借りてもう一度、友人と奥さんと赤ん坊に「おめでとう」の言葉を伝えます。
今夜もうまい酒が飲めます。
赤く色づき始めた京都の空の下より、祝杯の鐘を鳴らし・・・。
そして彼らに「海に出かけた」という曲を捧げます。

八朔

2006年11月11日

エリザベス女王杯

宝ヶ池のオートバックスでオイルを交換したあと、国際会館前を通過してトンネルへ。
おおっ!
トンネルを抜けた直後のヘアピンがない!
おそらくそれなりに名物だったのではないかと思われる180度カーブが、ゆるやかな高架のカーブに生まれ変わってました。
調べてみるとずいぶん前に完成していたようでチト驚き。
高架の上からプチ夜景が見下ろせたりして、それもまた良い。ただ、あの個性的な道がなくなったのは少し残念でもある。
阪神競馬場のカーブも緩やかになったようで、やはり世の中は体型同様に丸くなっていくということであろうか。

 エリザベス女王杯
◎スイープトウショウ
○横山典
▲アドマイヤキッス
△ディアデラノビア
×カワカミプリンセス
★フサイチパンドラ

完璧な予想だと思ったのに、どれだけ目を凝らしても私の新聞には典がいない。
仕方ないのでキストゥヘヴンを繰上げ。
さきほどClub A-PATの数字を見て唖然。
残り1ヶ月半、いよいよ本年度の収支マイナスが現実味を帯びてきました。
しかし凄いことも。本年度、競馬場別成績で回収率100%超が福島、新潟、中京、小倉とローカルのみ。
まさに鬼である。福島にいたっては4戦4勝ですべて万馬券。
一日も早い福島でのG1開催を切に願う今日この頃である。

八朔

2006年11月09日

今日、猿を見た。
滋賀県の農家へ採れたて玉子を買うため国道161号線を北上していたときのことである。
まるで人間の子供のようにガードレールを跨いで車道脇に座り込んだ親子猿は、私の運転する車が行き過ぎるのを見届けると腰を上げ、安全を確認してから道路を渡った。
その様をルームミラーで見ていた私は、さして驚くことも感動することもなく、「猿や・・・」と呟いた。
出る出るとは聞いていたが、生で野生の猿を見たのは初めてである。
その親子猿は動物園のやる気のない猿たち同様に毛並みも良く、さらに活き活きとした表情は檻の中では到底見られないものであった。
猿は人生を満喫しているじゃねえか・・・。
しかし野生の猿というのは何故あんなにも賢そうな顔をしているのだ。親猿の後を追う子猿こそ、北朝鮮問題やいじめ自殺に歪む社会のことなどそっちのけの顔をしていたが、ブックオフで立ち読みしているどうにもならない人種よりかは、遥かにどうにかなりそうであった。
私は車を停めて写真を撮ろうとしたのだがやめた。
なんとなく気が引けたのだ。
道の駅の便器に座り、私も活き活きとしたいと考えた。1時間も車を走らせたものの農家は休みで玉子も入手できず、猿も出ようかという土地で秋風に晒されている私は四捨五入で四十になる。
この日のために仕込んだカーステのトム・ウェイツが怖ろしく虚しく聴こえた。
仕方なくそのまま北上して敦賀の日本海さかな街へ。北陸の風はなお冷たい。道も譲ってくれない。容赦なくクラクションを鳴らす。なんか心が寒いぜ。
もちろんカニも高い。

八朔

2006年11月04日

アルゼンチン共和国杯



結局、我慢できずに鴨鍋を食ってしまいました。
競馬も宝くじも当たっていませんが、忍耐は精神衛生上良くないとの持論がそうさせてしまいました。
ネット通販で買った鴨鍋セットは鴨肉の臭味が満開、スジの歯ごたえに苛立ち、ああ、これなら王将の天津飯セット5杯の方が幸せだったと思える代物でした。
やはり現地に出向かねば・・・。

 アルゼンチン共和国杯
◎トウショウナイト
○ルーベンスメモリー
▲アイポッパー
△ドラゴンキャプテン
×チェストウイング
★トレオウオブキング

G1シリーズの谷間。
ここで一休みと考えるのもよいが、馬券オヤジの95%は軍資金稼ぎの週ととらえるであろう。
JRAも洒落たことをやるものである。
菊花賞以上に気合の入るメンツ。ここで一儲けして鴨を獲りに行くぜ!

八朔

2006年11月02日

ミネラルウォーター

20年前ならお茶や水を買うなど考えられないことであった。
どこの家庭でも冷蔵庫の中にはお茶が冷やしてあったし、水を飲みたければ蛇口の下に顔を潜らせたものである。
だいいちお茶や水など売っているものではなかったのだ。
しかし今やコンビニ業界を支える大ヒット商品として陳列棚でデカイ顔をしているではないか。
かくいう私も水は欠かせなくなっています。
私のように常人より、ややふくよかな体型を維持、もしくはよりふくよかな体型への道を歩む者にとって、冷えはじめたこの季節は難儀な時期である。
発汗の減少、水分の補給不足によって引き起こされるのが尿道結石である。
一度患ってみれば、誰しもがダイエットを心がけるはずである。
痛い・・・を通り越して重いという感じがする。
近頃では慣れたもので痛みが来る前になんとなく察知できるようになってきました。
ということで私は今、ミネラルウォーターがぶ飲みの毎日である。
いっそのこと休みの日に六甲に出掛けて、川の中に頭をつけていれば・・・と思うぐらいコンビニで金を使っています。

八朔

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。