スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



滋賀県の長浜市に「海洋堂フィギュアミュージアム」という博物館があります。
海洋堂とは言わずと知れた食玩制作会社であり、世の好きものコレクターの眼を血走らせた仕掛け人である。私のようなとりあえず「集めたがる」人間にとっては、その精緻なフィギュアの世界に郷愁と憂いを見つけ、余りあるお菓子の山には知らんぷりで狂喜してしまうものである。
このミュージアムではフィギュアたちをより効果的に視せるために、箱の中にジオラマを創り、フィギュアたちをジオラマによって演出するという試みがなされている。
館内に並べられた無数のジオラマの中に描かれる夢と郷愁が入り混じった世界。そこには「あの頃」の思いや「あの場所」の出来事が詰まっている。時計の針を逆回転させ、一歩一歩と歩を進めるにつれ、思いは果てなく脳裏を泳ぐ。

「フィギュアは地球の遺産の再現であり、それは人類の郷愁であり、憧憬である」

このミュージアムからのメッセージを胸に私はひとり考え込む。ウム、人間、先へ進むだけが脳ではない、時には立ち止まり、振り返ってみることも、今を、そして明日を知るための第一歩となるのだ。
「武、4着かよ・・・」とボヤくのも。
「ああ、デットーリ・・・」と嘆くのも。

八朔


スポンサーサイト
2005年11月26日

ジャパンカップ

私の考えが甘かったようである。
先週末が秋の観光のピークと読んでいたのだが、この週末も京都は大渋滞である。普段なら15分の通勤時間が1時間ほどかかります。もう何も言うまい。みなさん、お疲れさんです。
おかげでジャパンカップダートが観られませんでした。ネットで結果だけ見たのですが、文字だけで見る勝負の結果は実に頭を悩ませるものである。
2.08.0のレコードは良い。しかしハナ差。上がりは3着馬の方が良い。
え?
もしかしてヤバかった?
うう、どんなレースだったのだろう、観たかった、観たかったとボヤいていたら、でっちどんが一言「なんで車のテレビで観んかったんじゃ、ワレぇ」
ああ・・・。

 ジャパンカップ
◎リンカーン
○ゼンノロブロイ
▲ハーツクライ
△バゴ
×タップダンスシチー

穴党のみなさん、おめでとうございます。この馬が、この騎手が、こんなオッズで買えることは2度とありません。あなたの、そして私のためにリンカーン&武ちゃまがやって来ます。
JCとは深い繋がりの京都大賞典勝ち馬です。天才です。それでいて9番人気です。
来月の休みは三田牛を食べます。場合によっては日本海でカニという線もあります。
そのためには一応、デットーリも押さえておくべきでしょう。

八朔

2005年11月22日

るり渓


京都園部町のるり渓に行ってきました。
「あれれ?」というぐらいに紅葉が少なく、温泉以外は人もまばらで、足元に散った枯葉を見るかぎり、どうやら紅葉の時期は過ぎ去ったようであった。
さて、紅葉もなく、もちろんアトラクションもレストランもない寒い山中でどうすればいいのかと考えたのですが、せっかく来たのでのんびり歩きながら写真を撮ろう、願わくばオオサンショウオウを見つけたりしてと、期待に胸膨らませつつシャッターを押しまくって来ました。
山、渓谷、枯れ木、空、雲、腐った柿、犬の糞・・・etc.
で、例によってお腹が痛くなり、鼻もたれてくる。
散策はトイレを探すため早足となり、薬をのむための自販機探しとなる。
こんなことなら家で寝とけば良かったと思うものの、それだけは言ってはならない。口にした瞬間に悔念が滝のように流れ落ちてくる。馬連にしときゃ良かったという言い訳と同じである。
しかし家に帰って写真を見たところ、これがなかなかのもの。昨年の秋と比べれば確実に腕がアップしている、と自画自賛する私は最近マクロ撮影を憶えた36歳である。
どう?

八朔

真夜中、灯りひとつない道を歩かなければならない。何も見えないので懐中電灯を持ち歩いています。しかし今日、頭上から月明かりが道を照らしてくれていました。街灯や車のヘッドライトで光り輝く街中での生活に慣れた今、この自然の光に少し驚き、感謝いたしました。
そして強く願う。もうひとつ別の道を照らしてくれはしないかと・・・。

 マイルチャンピオンシップ
◎ダイワメジャー
○デュランダル
▲アドマイヤマックス
△テレグノシス
×サイドワインダー

松井秀喜、4年約62億での更改である。100億ほど出せば松井は来てくれるのであろうか・・・。
3番新庄、4番松井、5番萩原と夢見ていた時代が懐かしい。虚しい。
メジャーはある意味近付いたが、別の意味で遠のいた。
「ロクジュウニ」ということで6枠12番ダイワメジャー。
こちらは1マイル先で小銭稼ぎである。

八朔

2005年11月14日

京都は検問だらけ

明日16日、日米首脳会談のためモンチッチⅡ世が京都にやってきます。
会談が行われる京都迎賓館近辺はおろか、京都中が検問だらけです。住民が生活する街の真ん中に迎賓館があり、そこへ世界で最も狙われやすい人物が訪れるわけですから、街はえらい騒ぎです。
交通規制も半端なものではなく、明日は車に乗るな、京都市内に近付くなということです。
そんなこと言われてもねぇ。こっちも遊んでいるわけじゃないんで。
ただ、少々のことなら見逃してくれそうな気がします。携帯を使用するぐらいなら。
渋滞の車中からカメラを向ければしばかれるんでしょうか。

八朔

2005年11月12日

エリザベス女王杯

私はどのような状態で眠りにつくのだろうと考える。
仕事が終わり、メシを食い、風呂に入り、ビールを一気飲みして、「ハァー」と呻きながら横になった途端、眠ってしまうようである。
部屋の灯りは付けっぱなし、テレビではいつの間にやらワイドショーが始まり、目覚まし時計をセットすることも忘れ、もちろん布団も掛けておらず、朝方、異様な寒さを感じながら目が覚める。
そうして鼻をたらしながら始まる一日は、常に眠く、身体がダルい。
すっきり目が覚め、心身ともにシャキッとする方法はないだろうか?

 エリザベス女王杯
◎スイープトウショウ
○エアメサイア
▲オースミハルカ
△ヤマニンアラバスタ
×ライラプス
★ベストアルバム

絶好枠から逃げ粘るハルカに天才と若ハゲとプレクラスニーが迫る追い比べ。しかしそれでは目は覚めない。配当も寂しい。
どさくさにまぎれていま一度、幹夫の出番である。
昔、競馬雑誌を買ったとき、タキシードを着た幹夫が薔薇の花束を抱えているポスターが付いてきた。あれを見たとき、確かに目は覚めた。
そしてベストアルバム。
ナリタトップロードの降臨に期待。渡辺&沖厩舎を後押しする追い風。母は日本競馬史上最強牝馬の呼び声高い名馬。本田美奈子もベストアルバムを出すようです。
これで目は覚める。

八朔

2005年11月09日

さらば眼鏡


深夜、猛スピードで通りゆく暴走車と冷え切った風の中、アスファルに散ったMY眼鏡。まるで星屑のようにきらめくレンズの欠片からは、私が見た数々の場面がフラッシュバックしている。
私はバイクを押しながら、無残に折れ曲がったフレームのもとへ歩みよった。なんともやりきれない思いで眼鏡を拾い上げ、夜明け前の街に白い息を吐いた。
かつて「ダブルクラッチの神」と呼ばれた私もこのときばかりは何もできなかった。

あうぅ・・・。

そりゃ、あんた。荷台に眼鏡を置いたまま走り出せば落ちますがな。しかも気付いたのが1時間後。
懐中電灯を手に探しまわって、ようやく見つけたと思ったらペッタンコ。
寒いわ、恥ずかしいわ、アホくさいわで、飛んで家に帰りました。
新しい眼鏡を購入し、今、視界はクッキリと映っていますが、新しい眼鏡は慣れていないせいかどうもシックリ来ません。頭が痛かったり、眼の奥が痛かったりで・・・。
しかし最近、臨時出費が多いような気がします。
バランス的なことを考えても、今週末あたりが勝負でしょうか。

八朔

2005年11月05日

アルゼンチン共和国杯



秋です。
今年のカレンダーも残すところ、あと2枚。相変わらず車の中では冷房をきかせていますが、土日の勝負も1、2、3と数えられるぐらいの回数まで減ってきました。いよいよ、焦りはじめる時期です。
秋といえば紅葉。
ここ、京都では春の桜、秋の紅葉シーズンでは盆と正月どころか、誕生日と葬式に加えて合コンと結婚式、寿司と鍋と万馬券と宝くじがごちゃ混ぜになったような騒ぎとなります。
京都人としては可能な限り喧騒を避けて生きようとするため、あまり桜や紅葉といったものに触れたことがありません。
ハードディスク内に残された紅葉の写真は2002年一度きり。このときは通勤時のような満員電車に揺られて鞍馬へ。そして大名行列の如き人並みに押されて貴船まで歩きました。感想は疲れた、暑い、もう二度と来たくない、と散々なものでしたが、今になって当時の写真を見るとなかなかのもの。久しぶりに紅葉狩りでもしたくなってきました。

 アルゼンチン共和国杯
◎サクラセンチュリー
○ハイフレンドトライ
▲ダディーズドリーム
△デルタブルース
×ニシノドコマデモ
★エローグ

裏街道ど真ん中のGⅡ。ここは昔からGⅠ戦線を行くであろうと思われた馬がひっそりと勝つレースである。
サクラセンチュリー、お前はこんなところで何をしているのだ!
と思ったら菊花賞馬がいたりして・・・。

八朔

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。