スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年09月30日

優勝記念



今朝はビールを飲みませんでした。
何故かというと上の画像「優勝記念保存版スポーツ新聞5紙セット」を買いに行くためです。他の球団が優勝してもこういう売られ方をするのか知りませんが、阪神が優勝したときには毎回これを買います。と言っても三回目ですけどね。r(^^)
まだ薄暗い5時15分。浜田省吾風にバイクにキーを差し込み闇の中すべり込む。
5時20分。駅に到着。無人。シ~ン。売店前に積まれた新聞の山。一瞬、金だけ置いて持って帰ろうかと思う。
5時45分。人気もまばらな駅前に売店のオバチャン登場。静寂を切り裂くシャッターの音。
「すみませ~ん、5紙セットください!」
「ごめんね、6時半からなの~」
なんと! 駅の売店ってそんなに開店するの遅いのでしょうか。1時間以上も前から待ってる私は底抜けのアホでしょうか。まあ、今日は優勝ボケ1日目ということで、私は澄み切った笑顔で「また来ま~す」と答えて一度家に帰りました。
もちろん6時半になって再びバイクを走らせ、別の売店で5紙セットを買いました。5組も。

八朔

スポンサーサイト
2005年09月29日

信州からの贈りもの



長野の友人から葡萄が届きました。
見よ、この美味そうな秋の味覚を! 携帯のカメラでしか撮影できなかったのがチト残念。店に戻ってデジカメを取りにいく時間があるのなら、早く冷やしておくれと葡萄が催促するので諦めました。
昔、葡萄といえば「ぶどう」「巨峰」「マスカット」ぐらいしかなかったような気がしますが、今では数え切れないほどの種類があります。私が知っているだけでもピオーネとか、ピオーネとか、ピオーネとか・・・。
ということで阪神が優勝するであろう今日、信州からグッドタイミングで贈りものが届きました。今晩は葡萄を食べながら「どんでん」の関西弁スピーチを聞くとするか。

八朔

2005年09月27日

甲子園



昨日の定休日に神戸へ出掛けたので、帰りにちょっくら甲子園へ行ってきました。試合のない日の甲子園はあの熱狂が信じられないほどヒッソリとしていて、涼しげな浜風と西日に照らされ物憂く佇んでいました。
今日現在M3。
もう黙っていても胴上げは時間の問題です。
2年前に優勝したばかりなのに、また優勝なんて・・・こんな贅沢を味わったことのない阪神ファンは今年の優勝をどう堪能すればいいのか分かりません。
でも本当にタイガースはよくやりました。これもすべて島野総合コーチのおかげです。2年前は星野監督を支え、今年はたるんだ阪神に喝を入れるべく現場復帰。虎の救世主としてなくてはならない存在です。
しかし噂では優勝を置き土産にして、今年一年で現場を退くとか。
ああ、来年からまたタイガースは低迷してしまうのでしょうか。かつてバース、掛布がレフトスタンドに弧を描き、星野仙一が舞った甲子園の外で静かに私は祈りました。
来年Bクラスでドンデン辞任、再来年星野&島野復帰で奇跡の優勝と。
よし、それでいこう!

八朔

2005年09月24日

神戸新聞杯

いよいよ化物の登場です。日本全国が注目する大一番。しかし馬券を買う身にとっては頭の痛いレースである。
アドマイヤジャパンは強い馬だと思う。弥生賞でディープとクビ差の勝負をし、一瞬ではあるが我々をヒヤリとさせた馬。フジワンマンクロスぐらいの力はあるであろう。
ストーミーカフェも強い。ハイペースでラップを刻み後ろの馬を躊躇させる。逃げ馬としてはメルシーステージあたりの力量はあるのではなかろうか。
シックスセンスは皐月2着、ダービー3着。これといった派手さはないが堅実な実力馬。文句なしの実績がそれを語っている。うまいこといけばメイショウレグナムぐらいにはなれるかもしれない。
ローゼンクロイツもそこそこ。重賞の常連で今年の3歳クラシックを彩った1頭として後々まで語り継がれる1頭であろう。実力的にはシクレノンシェリフに匹敵する。

 神戸新聞杯
◎ディープインパクト
△シルクタイガー

ということで私のダイナマイト予想、本命はディープインパクトである。この馬に死角はない。唯一心配があるとすればスタートだけ。それでもマルチマックス、ノーリーズンにならないかぎり、武豊が尻尾にぶら下がっていれば間違いなく勝つ。
相手はシルクタイガー1点。一応○とか▲なども予想したのだが、こちとら当ててナンボの遊びでやってる訳ではない。生活がかかっているのだ。

八朔

2005年09月17日

セントライト記念

おそらく二十数年ぶりに、思いっきりコケました。
今朝、重い荷物を持って走っていると、何かに足を引っ掛け、ドラゴンロケットのように2mばかり飛んで行きました。顔面に地面の感触を感じたことなど記憶にありません。確かにここのところ、大量買取やオヤジの再入院でバタバタしていたのですが、不覚にも不覚。こんなことでは秋のG1どころか、御堂筋パレードにも不安が生じてしまいます。今一度、気合を入れ直すべしと誓った初秋であります。

 セントライト記念
◎アドマイヤフジ
○キングストレイル
▲コンラッド
△カンペキ
×ピサノパテック

しかし気合の入らないトライアルである。どんなメンツが揃ってもディープインパクト登場の前では霞んでしまいます。優勝目前の巨人VS広島といったところでしょうか。
巨人にはサプライズを期待したいところです。清原監督&桑田ヘッドとか、ルドルフ&テイオーとか・・・。ナベツネにやらしてもいいし。まあ、堀内続投というのがいちばんおもしろかったりして・・・。

八朔

2005年09月10日

京成杯オータムハンデ


阪神・星野SDが事実上の残留を表明しました。これにて巨人入りが消滅。どうやら要請そのものがなかったようですが真相はどうだったか・・・。ただ、球界全体のことを考えれば星野巨人もおもしろい発想だったと思います。打倒巨人に生涯を捧げた男が遂にその夢を叶え、巨人に頭を下げさせたのち敵軍に力を貸すという話は「男・星野」らしい美談である。
まあ、巨人軍生え抜きが監督に就任して再建されれば、それに越したことはないのでしょうが、あれではねぇ。
かつて「老兵は去り行くのみ」と名言を残したアイゼンハワー。その例に逆らうかのごとく、浴槽のカビのようにへばりつくわがままジジイが、あのチームの伝統を汚しているような気がします。もう時代はずっと先に進んでるのです。目の前のことも見えなくなってはオシマイだ。今や巨人は転がった事故車。ブレーキの壊れた重戦車も一人では起き上がれないということです。
おっと、言い忘れるとこだった。阪神ファンがずっと言われ続けてきたことを言い返すのは今しかない。
「駒大苫小牧の方が強えんじゃねえの!」

 京成杯AH
◎マイネルソロモン
○コスモサンビーム
▲ウインラディウス
△マイネルハーティ
×シャイニンルビー
★パリブレスト

明日は星野SDにちなんで「7-7」といきたいところですが、ちょっと捻って東海帝王の子ソロモンから7枠の2頭へ流すのが狙い目。やっぱり星野仙一って中日のイメージが強いんだよなぁ。

八朔

2005年09月08日

台風14号


山本KIDが華麗にグレイシーを沈め、阪神が中日にやっとこさ勝利を収めた昨日、台風14号が去りました。予想に反して京都ではたいした影響もなく、普段よりやや風が強く雨が降っている平凡な天気の悪い一日でありました。
台風が去ったあとは、やはり好天が続き、暦は秋だというのに今日も真夏日。週間天気予報を見ても来週までビッチリと30℃を越える日が続くようです。
まだまだビールが止まりません。

八朔

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。