スペース高野店 - ワシも言いたい!

京の都のチトはずれ、スペース高野店、謎の店員八朔のあんなこと、こんなこと、聞いておくれやす。

 
プロフィール

スペース高野店

  • Author:スペース高野店
  • おつかれさまです!

Twitter

最近の記事

カテゴリ
月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アクセス数

ランキング&検索



CD・レコード




 

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年03月26日

高松宮記念

関西在住の私にとって競馬といえば淀と仁川。両競馬場を勤務地と呼び、「ちょっくらバイトに行ってくらぁ!」と告げて電車に乗ったものである。それ以外の競馬場には行ったことがありません。
日本全国、オケラ街道は同じ風情かもしれないが、東海の風に吹かれたことはない。
ナイスネイチャが勝った高松宮杯。競馬場にいると錯覚してしまうほど画面から熱気が伝わった。そんじょそこらのG1より盛り上がった中京のG2。今やレース名も距離も変わってしまった。思えばあの厩務員さんも、もうおられない。

 高松宮記念
◎プレシャスカフェ
○メイショウボーラー
▲カルストンライトオ
△ギャラントアロー
×ゴールデンキャスト
★ナイキアヘッド

と堅い予想を立ててみました。気持ちは中山のマーチSに向いています。

八朔

スポンサーサイト

今日は琵琶湖のさざなみ街道を草津あたりから北上してきました。琵琶湖周辺の道路は湖東、湖西、どちらも爽快なドライブが楽しめますが、どちらかといえば湖東が好きです。
遠くに山々を見やりながら、クネクネと曲がるさざなみ街道を適度なスピードで走る。畔に広がる壮大なアシ群落は一見の価値ありです。
今日の午後は天気も良く、カメラを忘れたことがいつも以上に残念でした。
しかし北へ向かうに連れ、視界の彼方は怪しい空模様。奥琵琶湖のあたりはかなり荒れ模様だったと思います。私はオメオメと退散して帰ってきました。
途中越えあたりでも温度計の数字はゼロ。午後のポカポカした気候から一転して雪が降った3月25日。仕事をほっぽらかしてドライブの一日、お土産はクラブハリエのバームクーヘンでした。

八朔

基本的にウチの店の休みは月一回である。
一月は正月に休み、二月は日数が少ないので無休。となると通常の休みは年間で十日しかない。
一年間に十日しか休みがない人間というのも珍しい。私こそ高度経済成長時代の忘れ形見、ハタラキ虫と化したかつての地道な日本人の姿である。
休みを如何に有効に使うか。休み慣れた人間には容易い問題かもしれないが、私にとっては年に十回しか巡りあわない難題である。ガイドブックをめくり、ネットを駆使し、どこそこへ行きたい、あれこれを食いたいと悩むものの一向に結論がでず、結局、いつもと同じショッピングセンターへ出かけたり・・・と。
明日は久しぶりの休み。正月を除けば2005年初めての休みである。
そして天気は雨。
当然のごとく雨。
嫌味かお前、と文句も言いたくなるような雨。
思い起こせば去年の休みのうち、雨が降らなかったのは2回だけであった。
なぜ、事あるごとに雨が降るのか?
もはや陰謀か怨念としか思えない高確率で私の頭上に雨雲が立ち込める。
言っておくが私は供え物を盗み食いしたこともなければ、親の財布から小銭以外チョロまかしたこともない。バチや祟りなどとは無縁の人生を送り、近所のクソババアも仕方なしに褒めてしまうほど良く出来たお坊ちゃまであった。
なのに休みの日には雨が降り、新しい靴を履けばクソを踏む。外を歩けば頭に鳥の糞が落ち、一口馬主の馬は新馬戦1角で予後不良。
どこで何を間違ったのか知らないが、私の人生にはツキがない。
ここまで悪いことが続けば、どうすれば良くなるのかを考えるより、誰を道連れにしてやるかと、間の抜けたツラを探してしまう。そこのアンタ、どうかお気をつけて。
とにもかくにも明日はお休みでやんす。

八朔

2005年03月19日

うなぎパイ

UNAGI.jpg
全国的に知名度の高い王道お土産(お菓子)には、はずれがない。
北海道の「白い恋人」然り、長野の「雷鳥の里」然り、
沖縄の「ちんすこう」・・・謎。

先日、これまた王道、浜松の「うなぎパイ」を頂きました。
この商品のサブタイトル、「夜のお菓子」ってのがどうしてもあらぬ妄想をかきたてます。
「子供はシッシッ、大人になってからよ」的な、
それはまるで、土曜の夜のウイークエンダーのよう。

リーフレットによると、「消化が良く、お子様からご年配の方まで安心して召し上がって頂けることから、『一家団欒のひとときに召し上がって頂きたい』という願い云々・・」が、「夜のお菓子」のネーミングに込められているらしい。

おまけに、真夜中のお菓子「うなぎパイV.S.O.P」や、昼のお菓子「えび汐パイ」まで発売されているではないですか。
このセンスと度胸にノックアウト!万歳!春華堂

でっち

2005年03月15日

桂川づけ

katsuragawas.jpg
昨日、所用で大阪へ行ってました。当然のごとく渋滞で一日中、車内であくびしていたような気がします。
帰りの高速で買ったお土産が写真の「桂川づけ」です。
名神高速を走るときは必ず桂川パーキングエリアで休憩し、この漬物を買います。
「桂川PA限定商品」という文字に有難みを感じます。
一袋600円。恐ろしく愛想の悪いオバちゃんが売ってくれます。

八朔

2005年03月13日

オランダ焼き

幼い頃、親に連れられて行くショッピングセンターの二階にレストラン街があった。定番のお子様ランチが食べられるレストランから、寿司、中華、そば、喫茶、アメリカ風のバーガーショップなどなど。
中でも我が家が買い物ついでにもっとも利用したのが、洒落たレンガ造りの「オランダ焼き」屋さんであった。
この話を知人にすると「オランダ焼き?ハァ?」といった顔をされる。
オランダ焼きとは一言で言ってしまえば「洋風お好み焼き」である。何が違うのかと問われても、さっぱりわからない。記憶にない。何も変わらないような気もするのだが、食感は確実に違った。お好み焼きのようにパリっと焼きあげるのではなく、ソース、ケチャップ、マヨネーズなどをからめて焼いたようにベッチョリしていた。それに目の前の鉄板で焼くのではなく、ステーキ用の鉄のプレートに乗せて運ばれてきた。
当時、そんなにウマイと思ったことはない。ただ、なんというか、ウチの家族なんかにとってはチョット鼻高々に食べられる粋な食べ物であった。
レンガの隙間から向かいの喫茶店でパフェを食べる子供を見ると、さすがに「負けた」と思うのだが、満腹感は何よりであった。
最近、無性に「オランダ焼き」が食べたくなる。
あの古き良き時代にノスタルジアを感じるのは年をとったからかもしれないが、ショッピングセンターでの出来事が今になって思い出として蘇るなんて、結構イイ話だ。
「オランダ焼き」、どこかで食えないだろうか?

八朔

2005年03月09日

怪しいゾ、オイ!

私にはまったくわからないのですが、今年の花粉飛散量は相当なもので、あちらこちらでくしゃみ、鼻水の連発です。
今日、出掛けた先の駐車場でカーナビを設定していると、隣にワゴン車が停まりました。乗車していた作業服の男性4人がおもむろに降りてきたのですが、4人が揃いも揃ってマスクにサングラス姿。
一瞬、どこかの強盗団かと思い、身構えてしまいました。
花粉症の人にとっては大変な季節なのでしょうが、そうでない者にとっても気遣います。

八朔

2005年03月07日

踵骨棘

朝、目が覚めて、最初の一歩目で踵に痛みが走ります。二歩、三歩と歩を進めるごとに痛みは和らいでいくような気もしますが、痛いことには変わりない。アヒルのように妙な歩行で道を行く人間がいたら、それは私です。
寝起き以外にも、長時間、椅子に座っていたあとや、車の運転を終えたときなど、歩行を始める場合に痛みは訪れます。
これは「踵骨棘」という病気で、年齢的なものや踵の硬い靴などで発症することが多いようです。踵の骨の足底部の前方部に数mmの三角形をした棘のような骨の出っ張りがあり、この棘により筋肉などが炎症を起こし痛みを招きます。
3ヶ月から3年で自然治癒するそうです。
しかし3ヶ月と3年では大違い! 私はすでに痛みを感じ始めて半年ほど経過しています。何か良い解決策はないかなと日々、色々と試しているのですが、あまり効果がありません。
毎日、ヒョコヒョコと変な歩き方をしているためか、近頃、膝関節あたりも痛くなってきました。
なんとかしてくれぃ!

八朔

2005年03月05日

中京記念

ディープインパクトを観るためだけの日曜日。
しかしヒッソリ行われる裏開催こそが真の競馬ファンの楽しみだったりする。

 中京記念
◎シンメイセレリティ
○セフティーエンペラ
▲エイシンチャンプ
△メガスターダム
×メイショウドメニカ
★アサカディフィート

過去10年の勝馬を見ても半分以上記憶にない恐るべき重賞。
弥生賞に勝る印象を与えることは・・・マズない。

八朔

2005年03月04日

朝の出来事

マンションの上階で引越し後の復旧工事をしているらしい。
コンコンコンとフローリングだかなんだかを打ち付けている音で目覚めた。
え~~っと、チョット不快。朝のおかしな主婦向けドラマの再放送がチト聞き辛い。
しばらくの沈黙の後、終わったかな?と思いきや、
ぐお~~ん、ぐお~~ん、ガガガガガガガガガ
道路工事並みのドリル音である。わかりますか?天井で道路工事。
明らかに常軌を逸脱した騒音である。朝食を摂ったり、おかしな主婦向けドラマの再放送を見ている余裕なんてまずない。
この部屋の住人がややこしいオッサンだったら、上階に怒鳴り込んでるだろうし、病気で寝込んでいる人だったら、、、とにかく鬱だ。
あいにく私はややこしいオッサンでも、病人でもないので、騒音から逃れるべく急いで部屋を出た。

しかし、階下の住人に一言ことわるのが常識ではないだろうか?
この騒音は大した事ないと、とらえるべきなのか?
冷静になればなるほど、腹立たしさが増すばかり。ムカムカイライラ・・。
ああ!確か私の部屋は玄関チャイムの調子が悪いのだ。
きっと工事業者の人がことわりに来たに違いない。留守だと思ってるんだ、そうだそうそう・・。
どうか、玄関チャイムが壊れていますように、非常識が常識の世の中になりませんように・・・。

でっち

2005年03月01日

復旧

暇だなぁ、注文来ねぇなぁ、と思ったらホームページ壊れてました。お客さんから指摘いただくまで気付きませんでした。
考えてみれば、仕事柄、PCに張り付いているけど自分ところのホームページって見ませんよね。
個人の趣味で作ってる方なんかは見るんでしょうか。
まあ、ウチも趣味みたいなもんですけど・・・。

思った以上に大変でしたが、とりあえず復旧いたしました。
今日の仕事はそれだけっチュ!

八朔

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

YouTube本日人気動画
Yahoo! オークション

マイ・オークションをごらんください

amazon.co.jp

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。